アメリカ在住で英語環境で働いている方に英語の発音矯正レッスンをしている Ai です。今日は英語は英語だけで考えた方がいい3つの理由を紹介したいと思います。ぜひこの3つのことを知って英語を上達させていきましょう。

1:英語は英語だけで考えた方が効率がいい

英語を見たり聞いたりしたらイメージとしてそのまま捉える、というのはとても効率のいい状態です。

英語習得の最終目的は、英語を英語だけで使えるようになること。

日本語に一度直したり、日本語から英語にしようとすると、脳が余分な働きをしないといけませんよね。日本語が間に入ることで、1ステップやることが増えるのです。ちなみに英語を日本語に直したり、日本語を英語に直すというのは、翻訳作業です。翻訳や通訳の仕事をしたいのであれば、これは必要なスキルです。でも英会話で必要なスキルは、翻訳ではなく、英語で会話ができるようになること。英語だけを見たり聞いたりして、それをイメージとして捉えてそのまま理解するスキルが必要になります。

日本語を使うときは、他の言語にしないでそのまま理解してますよね。それと同じように英語を理解することができるように練習していきましょう。

 

2:英語にしかない表現がたくさんある

英語は英語だけで理解した方がいい理由の2つ目は、英語には日本語にない英語独特の表現がたくさんあるからです。もちろん、日本語には日本語にしかない表現もたくさんあります。

言語の性質が違うので、その言語にしかない表現やコンセプトがある。英語をわざわざ日本語にして理解しようとすると、本来の意味とちょっとズレてしまうこともあるかもしれません。ですので、英語をそのまま捉えるというのはとても大切なんです。

同じ単語でも、意味が変わる場合がたくさんあります。例えば、getやmakeは、使い方や状況によって、様々な意味になります。ですので、get = 手に入れる。make = 作る。だけで覚えてしまうのは避けたいところ。

1つの文章でも、意味がたくさんある場合もあります。例えば、I got it. は、状況によって、「私がやるよ」「(荷物などが)手に入った」「理解した」「受かった!」という意味になります。全くおなじフレーズなのに、シチュエーションによって、こんなに大きく意味が変わるんですね。

英語にしかない表現がたくさんあるので、英語は英語だけで理解するようにしましょう。




 

3:新しい英語の単語を英語のまま覚える

難しい単語や新しい英語の単語を、日本語にしないでそのまま英語で覚えてしまうと、スピーディに覚えることができます。

新しい単語を一度日本語にしてしまうと、日本語で理解しようとしてしまいますよね。その単語の使い方も、日本語ではどうやって使うだろうか、ということを先に考えてしまいます。その日本語で考えてしまう時間を省きましょう。あなたの時間はとても貴重です。日本語にはしないで、英語だけで理解してみましょう。そうやってボキャブラリーを増やしていった方が断然効率が良いのです。

新しい単語をイメージにして理解してみましょう。そして、新しい単語に出会ったら、すぐに会話で使うこと。そして使い方が違うよと言われたら、その都度覚えること。そうやって新しい単語を、自分のものにしていきましょう。日本語で訳さなくても英語を英語だけで学べるようになっていきますよ。

 

次回は、英語を英語で考えるようになるにはどういう練習が必要かというのを紹介します。

コメント、質問などはコメント欄へ♪

 

発音の仕方をレッスンで細かく教えています。個人レッスン、グループコース、などアメリカ英語の発音矯正のサービスがありますので、発音を上達させたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。自分のペースで練習したい方にはオンライン発音矯正教材もあります。

発音を本格的に学びたい方は、アメリカ英語の母音チャートアメリカ英語の子音チャートをぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

American English pronunciation coach. Studied linguistics at UCLA. Specializing in phonetics, phonology, intonation, and second language acquisition.

She likes music and Toastmasters. Recently she enjoys playing ukulele and hand bells.