ハッピーバレンタイン!アメリカ在住の方に発音矯正レッスンを提供している Ai です。突然ですが、Valentine’s Dayの過ごし方は日本とアメリカで違うのをご存知ですか?この記事では、日本とアメリカでどう違うのか、というのを紹介したいと思います。

日本では女性が好きな男性にチョコレートを渡しますよね。義理チョコ、友チョコなど、周りの人にチョコレートを渡すというのも文化として定着しています。そしてホワイトデーで男性からお返しをもらいます。実はこれは、日本独特のバレンタインの過ごし方。

アメリカでは、バレンタインはどのようなことをするのでしょうか?

 

アメリカでは、男性から女性へ

アメリカでは男性が女性にプレゼントを渡すというのが圧倒的に多い。

もちろん女性から渡す場合もあると思いますが、メインは男性からです。日本ではバレンタインを告白の機会として使う女性が多いように思いますが、アメリカではすでに付き合ってる彼女とか、奥さんにプレゼントを渡す場合が多いです。これを告白の機会にする人もいるかもしれませんが、あまりそれはメインではないようです。義理チョコ、友チョコなどはないのですが、知り合いに渡したい人は渡してます。

 

渡すものはチョコレートとは限らない

バレンタインで男性が女性にプレゼントするものは、日本のようにチョコレートとは限定してません。もちろんチョコレートを渡す人もいるかもしれませんが、プレゼントの内容は様々です。

バラとカード、アクセサリー、バレンタイン仕様のフルーツセット、などなど、いろんなものが市場に出回ります。バレンタインが近くなると、テレビで「車をプレゼントしよう」とか、「ダイヤモンドをプレゼントしよう」というCMも見るようになります。私もアメリカでそういうCMを見たときは、その規模の大きさにビックリしてしまいました。男性が女性をディナーに誘うというのも、よくあります。レストランでもバレンタインのスペシャルディナーを出しているところも多いんですよ。

 

ホワイトデーがない

ホワイトデーは、アメリカにはありません。ホワイトデーは、日本、韓国、台湾などのアジアで行われてることですが、それ以外の国ではお返しをするホワイトデーがないんです。アメリカはもともと、何かをもらっても、「お返しをしなくちゃ」と義務に感じてお返しをするという文化ではないし、渡す人もお返しをもらうことを考えません。後腐れがないという表現があってるかもしれませんね。ですので、お返しをしたい人はすると思いますが、「もらったからお返しをしなくちゃ」と義務的に思う人は少ないと思います。アメリカでバレンタインデーで何かを渡すときは、お返しを期待しないでおく方が無難ですね。

 

Happy Valentine’s Day

バレンタインが近くなると、挨拶をするときや、別れ際に、”Happy Valentine’s Day”と言っているのを聞くようになります。今年はバレンタインが火曜日なので、その前の週の金曜日あたりから、「ハッピーバレンタインズデー」と言うようになります。日本語ではバレンタインデーですが、英語では”Valentine‘s Day”と ‘s が付きますので、ぜひ ‘s を忘れずに発音してみましょう。

 

アメリカと日本のバレンタインデーの違い、どう思いましたか?日本とアメリカ以外にお住いの方は、その国ではどのようにバレンタインを祝いますか?ぜひコメントしてくださいね。

 

英語発音の個人レッスン、グループコースのお問い合わせは、こちらから


オンラインの英語発音教材を作ってます。日本語でわかりやすく発音を教えています。


Eブック“How Not to Be Afraid of Speaking English” (日本語で書いてます♪)

American English pronunciation coach. Specializing in phonetics, phonology, intonation, and second language acquisition.

She likes music and Toastmasters. Recently she enjoys playing ukulele and hand bells.