IPA (International Phonetic Alphabet) を使ってアメリカ英語の子音チャートを理解すると、どの子音をどのように発音したらいいのかというのが、わかるようになってきます。一見難しそうなチャートですが、理解するととても便利。

名前は覚えなくていいのですが、どうやって発音するのかというのを知っておくとこれからの発音上達に役に立ちます。

 

動画レッスンを見ながら、このアメリカ英語の子音 IPA チャートと照らし合わせてみましょう。

英語の子音

このチャートは manner (上から下)と place (左から右)にわけられています。

The manner of articulation

上から下は manner でわけられています。これはどうやって発音するかを表しています。

The place of articulation

左から右は manner でわけられています。これはどこで発音するかを表しています。

 

The manner of articulation

Plosive – これは Stop という意味で、Stop Consonant とも言います。弾ける音で、一旦空気を止めて、突然弾けるように発音します。例えば、/p/ は plosiveです。

Nasal – これは鼻から発音する音です。口の中は舌や唇などでブロックされてるので、空気が鼻からでるのです。例えば、 /m/ は唇を閉じて発音するので、口から空気が出ず、鼻から空気が抜けてそれで音が出ます。

Tap or Flap – これは、舌をはたく音です。英語には1つしかなくて、これを Tap T (Alveolar Tap)と言います。これは “water” “butter” “letter” のTが弱まった音です。日本語では「ラリルレロ」が一番近いのですが、ちょっとだけ発音の仕方が違います。ちなみに、日本語の「ラリルレロ」は(下の日本語の子音チャートをご覧ください)、Alveolar lateral flap と言います。

Fricative – これは、空気がずっと出続ける音です。舌や唇で空気の通り道を細めるのですが、完全にブロックすることはなく、空気と振動が出続けるのです。例えば、TH, F, V は fricative です。THは舌を噛まない。FとVは下唇を噛まない。Fricative は、空気を途切らせないで発音しましょう。

Affricate – (これは普段の IPA チャート では、この位置に Affricate を載せてないのですが、今回は説明するために載せました)これは、 plosive と fricative の組み合わせです。この2つの違う子音を同時に発音するのです。例えば /ts/ は、/t/ の plosive と /s/ の fricative の組み合わせです。

Approximant – これは、fricative と母音の中間のような子音です。空気がずっと出続けるので Fricative のような子音。でも、その音がとてもはっきりしているので母音のような性質を持っています。 例えば、英語のR(発音記号は /ɹ/)は approximant です。RはRがかった母音があるように、母音として扱われる時と、Rが子音として扱われる時があります。ちょっと混乱する種類の子音です。

Lateral Approximant – “Lateral”はラテン語で「サイド(横)」という意味です。ですので、音が横から出てきます。アメリカ英語では lateral approximant は1つしかありません。それは、/l/ (Lの発音)です。Lは舌先を上の歯の後ろにくっつけますが、空気が出続ける音です。そして音が出るのは舌の両脇からです。

Voiced Labial-velar Approximant – これは、動画に入れなかったのですが、/w/ の発音です。これも approximant ですので、空気を出し続ける音で、母音のような強い子音です。

日本語の子音

The place of articulation

Bilabial – “Bi” はラテン語で「2」、 “labial” は「唇」という意味です。つまり、上唇と下唇を使って発音します。

Labiodental – “Labio” はラテン語で「唇」、”dental” は「歯」という意味です。ですので唇と歯を使って発音します。

Dental – “Dental” はラテン語で「歯」という意味です。つまり「歯」を使って発音する子音です。

Alveolar – 上の歯から歯茎に入ったところに、ポコポコしてる場所があるのですが、それを the alveolar ridge と言います。この場所で発音する子音です。

Postalveolar – “Post” はラテン語で「後」という意味です。ですので、alveolar の後ろの場所で発音する子音です。

Palatal – これは postalveolar の後ろにある場所です。舌の真ん中あたりで発音する子音です。ここは、英語ではYの発音(発音記号は /j/)があります。Yの発音は日本人にとって難しいですよね。これは「ひゃ」(上の日本語子音のチャートで /ç/)と同じ場所で発音しますので、「ひゃ」という時の舌の形をさせて、舌の後半部分を振動させるとYの発音になります。

Velar – これは、舌の奥の部分を使って発音します。

Glottal – これは、声帯のある場所で発音される子音です。日本語には glottal stop /ʔ/ がよく出てきます。日本語は1回1回音を切って発音するのですが、切る時にglottal stop /ʔ/ を使います。英語では Uh-oh という音がそうです。ちなみに Michael Jackson が歌う時によくグロッタルストップを使ってました。The vocal fry というのが歌のテクニックであるのですが、それはグロッタルを使った発声になります。

 

このチャートは暗記しなくていいですし、名前も暗記する必要はありません。でも、この表を見て、どの子音をどのようにそしてどの位置で発音するのか理解できるようになると便利ですよね。特に、歌を歌われてる方は発音記号が読めた方がいいですので、ぜひ練習してみてくださいね。

 




この下の動画は英語オンリーで子音を説明しています。この動画を見るのにチャレンジしてみてください。

発音の仕方をレッスンで細かく教えています。個人レッスン、グループコース、などアメリカ英語の発音矯正のサービスがありますので、発音を上達させたい方は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

アメリカ英語の母音チャートもぜひチェックしてみてくださいね。こちらも日本語の母音と比較しています。

質問がある方は、ぜひコメント欄へ〜♪

 

American English pronunciation coach. Specializing in phonetics, phonology, intonation, and second language acquisition.

She likes music and Toastmasters. Recently she enjoys playing ukulele and hand bells.