以前、英語だけで英語の母音IPAチャートを説明したのを、日本語で解説してみました。このビデオでは、日本語の母音と比べながらアメリカ英語の母音を説明しています。

アメリカ英語の母音は日本語の母音よりもたくさんあります。どの音が日本語にあって、どの音が日本語にないのかを理解すると、発音の上達につながります。




 

This chart below shows American English and Japanese vowels.

母音チャートは口の中を表しています。

Left – Right

左側は口の前の方で発音する母音、右側は口の奥で発音する母音です。口の奥で発音する母音は喉を開けるようにしてみましょう。

 

Up – Down

チャートの上の方は、口を閉じて発音するので、舌が上がった状態で発音します。チャートの下は、口を開けて発音するので、舌が下がった状態で発音します。

 

上のビデオを見て、一つ一つ、どういう音なのか聞いてみましょう。この下のビデオは、英語だけで説明しています。ぜひ、英語だけで発音を学ぶチャレンジをしてみてください。

英語の発音を上達させるには、母音を基礎から学ぶことが大切です。日本語にはない中間音をそのまま捉える練習をしてみましょう。日本語アクセントで通じないことがあるのは、日本語の母音を使って英語を話しているからということが原因のことが多い。英語母音を使えるようになると、通じることが増えますよ。

英語と日本語の母音の違いが明確になりましたか?コメントをぜひ書いてくださいね♪

 

個人レッスン、グループコースのお問い合わせは、こちらから


オンラインの英語発音教材を作ってます。日本語でわかりやすく発音を教えています。


Eブック“How Not to Be Afraid of Speaking English” (日本語で書いてます♪) http://amzn.to/2DjBpmv

American English pronunciation coach. Specializing in phonetics, phonology, intonation, and second language acquisition.

She likes music and Toastmasters. Recently she enjoys playing ukulele and hand bells.